2012年06月27日

チュビチュビチュビチュルルルル・・・・

このタイトルは何かですって?

皆様、目を閉じて、高い透き通るような声で、呼びかけてみてください。

今朝、立ち寄った建物の入り口で「すーーーーーっ」と頭上を横切ったもの・・・

そう、つばめを見かけたのです。

よく見たら、玄関の軒先に巣がありました。

巣の中の様子はのぞけませんでしたが、何羽かが出たり入ったりしているところを見ると、ヒナが小さな口を開けて、待っていたのかもしれません。

気持ち良いほどに美しく飛ぶ鳥です。

3月頃、東南アジアやオーストラリアから何千キロも海を越えて、日本に飛んできます。桜の開花と時を同じくしてやってくるのでしょうか。

そして、秋の涼しい風が吹くころ、遠いかの地へまた旅立っていくのです。

強くて、たくましい渡り鳥ですね。

今日は気持ちよく晴れました。

からっとした、さわやかな朝に耳にしたつばめのさえずりは、今日一日の元気を与えてくれたようです。

チュビチュビチュビチュルルルルル・・・・・・・

皆様にも心地よい元気をおすそ分け。

梅雨の合間の束の間の晴天を大いにお楽しみください。


at 14時06分

2012年06月25日

涼しい月曜日

今日の稲毛はとても涼しいです。

こんな日は自転車での通勤も肌寒いくらいで、快適なのですが・・・

でも・・・実は先日事務所の玄関近くで「へ〇」を見てしまい、怖くて怖くて毎日がひやひや・・・の連続です。

「自然」「竹林」「草むら」・・・ときたら、やっぱり、覚悟しなければいけないのでしょうか。

地面に落ちている枝や葉っぱでさえ、「〇び」に見えてしまい、ひとりで大騒ぎ。

癒しとは程遠い、事務所でのこの状況に、ブログまで滞りがちです。

妄想が妄想を呼び、私の頭の中は大変なことになっています。

気持ちを強く持って、妄想に打ち勝たねばなりません。

アオダイショウだそうです。

皆様、どうか、私が見てしまった恐ろしい光景をアタマから消してしまう方法を教えてください・・・

稲毛の片隅で自転車の上からきょろりきょろり・・・あたりをうかがって、怯えている挙動不審者がいたら、それはウチダかもしれません。

今日は癒しにならない話題で失礼しました。



at 15時06分

2012年06月23日

あなたのそばに・・・

事務所ではゆっくり時間が取れず、週末自宅でブログを更新することにしました。

皆様、お元気でしたか?

今週は全国各地で大雨による被害が相次ぎました。

被害を受けられた方に、お見舞い申し上げます。

さて、前回の話題と重なってしまいますが、梅雨に入る少し前、素敵な癒しグッズを見つけました。

手ぬぐいで作られたブックカバーです。

いろいろな表情をした金魚が泳いでいます。

手触りも申し分なく、蒸し暑いこの季節も、大汗をかく真夏も、手と目を楽しませてくれそうです。

あまりにかわいらしかったので、友人にもおすそ分けすることにしました。

パンダのカップルが寄り添っている絵柄は、新幹線で遠距離介護に通う友人に、思わず手を伸ばしそうになるビールジョッキの絵柄はビール大好きな友人に・・・愛くるしい金魚、私とお揃いは、いつも素敵な本や映画を紹介してくれる友人に・・・・。

本が与えてくれる豊かな世界に、この愛らしいブックカバーは笑顔をプラスしてくれます。

夜、睡眠に入るまでの読書では、指先にやさしい触感で疲れを癒してくれるのです。

もしかして、汚れたら洗濯も可能かもしれません。
なんといっても、手ぬぐいですから・・・

本がお好きな方にはお勧めです。

今年の夏も、知恵と工夫で日々の生活を明るく楽しいものにしていきましょう。

皆様の週末が、お健やかで、和めるひと時でありますように。

at 10時06分

2012年06月18日

こんな使い方

新聞の投書欄にこんな投書が載っていました。

1本の手ぬぐいが非常時に重宝する、という情報です。

時に破いて包帯に、頭に巻いて汗止めに、口に当ててマスクにも・・・首に巻けば防寒にだって・・・

たためば小さくなる日本古来の手ぬぐいです。

非常時にはタオルやハンカチよりも役に立ちそうな気がします。

皆様のお宅にも、引出しの奥で長い眠りについている手ぬぐいがありませんか?

私もさっそく、およそ出番などないと思っていた手ぬぐいを引出しの奥から取り出してみました。

ずいぶん昔に地域のお祭りで配られたものです。

私も通勤用のバッグに入れて持ち歩くことにしました。

投書の最後はこう結ばれていました。

「私のバッグにはいつも手ぬぐいが入っている。出番がないことを祈りながら・・・」

at 11時06分

2012年06月13日

おいしくなーれ

先日、八百屋さんの店先に鳥取産の泥つきラッキョウを見つけました。

久しぶりにラッキョウの甘酢漬けを作ってみる気になったのです。

ラッキョウは家人の好物です。

夜TVを見ながら、皮をむいてくれました。

一番大変なところを手伝ってもらったので、あとは楽です。

まずは下準備、塩漬けです。

1週間くらい、塩に漬けてから、本漬けをすると、固くしまったラッキョウができあがるのです。

おいしくなーれ・・・おまじないを唱えながら今日も瓶をのぞきこみます。

うまく水が上がってくれればいいのですが。

家中が何となくラッキョウのにおいに包まれています。

同時に作ったミニトマトのピクルスをつまみながら、出来上がりを待っています。

おいしくなーれ!

at 19時06分

2012年06月11日

癒しの言葉

ほっと肩の力が抜ける言葉に出逢いました。

ちょうどいい

このくらいでちょうどいい

皆様にはないでしょうか、

こんなはずではない、もっと自分はできるはず・・・と思うこと。

そんな時、がっかりしている自分にそっとつぶやいてみてください。

「このくらいでちょうどいい」って。

今の自分をゆるーく認めて、こわばった体をほぐしてあげましょう。

大丈夫、今はこれくらいでちょうどいい

時間がかかっても、何回もやり直しても、失敗ばかりしても、今はこれでちょうどいい

気持ちがくじけそうになったとき、思い出してみてください。

読んでいた本の中で出逢った言葉に力をもらった週末でした。

毎日、新しい一日が始まることに喜びを感じて、今週もスタートです。

at 12時06分

2012年06月08日

もうそこまで・・・

今日は気持ちよく晴れましたが、この晴天ともしばらくお別れです。

向こう1週間の天気予報は雨と曇りマークばかり。

いよいよ梅雨入りです。

水曜日、雨の中を徒歩で通勤しました。

そして、帰りも頑張って歩きました。

歩いて健康になろう!と、振り上げたこぶし。

家に帰り、ちょっと期待してぶら下げていた万歩計を見たら・・・7300歩ほどでした。

朝、「行ってきます」から仕事中の徒歩数も入れて夕方「ただいま」までの数字です。

「目指せ、1万歩」は遠いですね・・・。

健康のために歩こうと思ったら、「続ける」ことが大切なのです。

来週は雨が多そうです。

通勤用に長靴を買おうと思ったけれど、スニーカーにしたほうがよいかしら。

妙な「おたのしみ」が増えました。


at 19時06分

2012年06月06日

雨にもマケズ

今朝は頑張りました。

なんと、雨の中を歩いて出勤したのです。

自転車で25分くらいの道のりを、ところどころ、徒歩ならではの近道をして、せっせと歩いて35分から40分くらいでしょうか。

一度試しに歩いてみたかったのです。

別ルートで<バス+徒歩>が今までの雨の日バージョンでした。

ずいぶん疲れる出勤でしたが、思わぬ発見もありました。

咲き始めの紫陽花の、なんて初々しく、かわいらしいのでしょう。

今週には梅雨入りするのでしょうが、こんなにまじまじと2分咲きほどの紫陽花を見たことがなかったので、疲れが吹き飛んだ気がしました。

午後になって、雨がやみましたが、強い風が吹いています。日も差してきたようです。

帰りも歩いてみようかしら。お弁当箱が空っぽになった分、荷物が軽くなったことだし・・・

ぽん、と胸を叩いて、ちょっと頑張るウチダさん、になってみようと思います。


 

at 15時06分

2012年06月04日

パーティー

身内が集まってパーティーをしました。

横浜の中華街でおいしいものをたくさん食べました。

大いに笑い、飲み、おしゃべりして、にぎやかな宴でした。

卓の中心は小さな写真。

パーティーが大好きだった父の7回忌でした。

テーブルの下に潜り込んだり、コップをひっくりかえしていた幼子たちも、今は一番年下が大学生になりました。

時間がたっても、卓の中心はやはり父です。

皆で集まって楽しむとき、そこに父の気配を皆が感じます。

お店を出たら、開港記念のパレードまで始まり、周りの人々の笑顔まではじけていました。

よい、1日でした。

満腹のお腹と豊かな思い出を抱えて、それぞれの場所で今週もスタートです。


at 19時06分

2012年06月01日

今日から6月

未来日記を書いてみませんか?

勧められて読み始めた本の中に見つけました。

脳を患った筆者が障害を克服するために考えたリハビリの一環なのですが、どなたにもお勧めできそうです。

すでに起こったことを記録する日記ではなく、未来のその日に、どのような自分でありたいかをイメージして、書き留めるのです。

具体的に行動の段取りを書くも良し、、こんな自分であればいい・・・という希望を書いてもいいと思うのです。

計画を立てることで、効率よく動けるかもしれません。

だらだら時間を過ごすのがもったいなくなく思えるかもしれません。

「素敵な自分」「理想の自分」に一歩でも近づこうとするかもしれません。

今日から6月、何か新しいことを始めてみたくなったら、「未来日記」を書いてみてはいかがでしょう。

うっとうしいこの時期、どうぞ皆様、知恵と工夫でお健やかにお過ごしください。
     





at 17時06分

2012年05月30日

かわいいのです。

ホットリップス、という花をご存じですか。

まるで、小さな金魚が緑の葉の間を泳いでいるような、そんな咲き方をする花です。

赤と白のバランスが咲く時期によって変わるのが面白いのです。

ハーブの一種で、狭いプランターではかわいそうなので、数年前に実家の庭に植えさせてもらいました。

「今は白がちよ」「赤が多くなってきたわ」母がこの時期になると報告してくれます。

ずいぶん増えて、わさわさしていますが、赤が多かったり、白が目立ったり、2色の配分がいつ見ても違って、楽しいのです。

事務所へ来る道筋でも見つけました。

派手なバラもあでやかで素敵だけれど、ホットリップスの可憐な花もいいものです。

金魚のような愛らしい花を見つけたら、ちょっと注目してみてください。

見るたびに楽しめるかわいらしい花です。



at 12時05分

2012年05月28日

見守り続けて・・

おはようございます。

水路に沿って、青々とした葉がさわやかな木漏れ日を作る桜並木があります。

木の下にはいくつかベンチがあり、近隣の方たちの憩いの場所となっているようです。

朝は年配の方が散歩の途中に休まれるのでしょう、にこやかに話をなさっています。

午後は幼稚園のお迎えのついでに立ち話の若いお母さんたち、夕方には愛犬の散歩・・・

学生さんがノートを開いていることもありました。

私はいつも通過するだけですが、皆さんとてもくつろいでいます。

特に朝はきっと皆さん、「おはようございます」のご挨拶とともに会話がはずむのでしょう。

木漏れ日以上に素敵な笑顔が見られます。

たくさんの方たちが腰かけ、足を止めるベンチ、これからも皆に愛されて、重宝されて、四季の移り変わりを伝えていくのですね。

今日はどのような光景が見られるかしら・・・

毎朝、毎夕、その前を自転車で通過する私のちょっとしたお楽しみポイントなのです。 

気持ちの良い5月の風に吹かれて、最終週、笑顔でスタートです。

at 10時05分

2012年05月25日

ご機嫌いかがですか?

気持ちの良い気候はなかなか安定しませんね。

皆様、お変わりありませんか?

上着が必要な肌寒い日が一転、熱中症を気にするような夏日になったり、また今日は何となく中途半端な曇り空です。

着ると暑いし、脱ぐと寒い・・・こういう日は体調を崩しがちなので、注意が必要です。

充分注意なさってくださいね。

何となくすっきりしない今日のような日には、努めて背筋をぴんと伸ばし、姿勢を良くして生活してみましょう。

家の外はもちろん、家の中でも、背筋を正すと気持ちがしゃんとします。

車の運転をなさる方、椅子に座って作業なさる方、どなたもほんの少し姿勢を良くするだけで気分まで変わりますよ。

それから、もう一つ。

疲れたときには、夜お風呂に入ったとき、右手の指と左足の指をがっちり組んで、ギュッと握りしめてみてください。

「いたっ!」でも気持ちいいです。

次は左手の指と右足の指をぎゅっ!「いたっ!」

一日の終わりに手足が握手、何となく気持ちがすっきりして、次に進めそうな気がします。

私の疲労回復対策の一つですが、どうぞお試しあれ。





at 12時05分

2012年05月24日

うっとり・・・

おはようございます。

さわやかな朝です。

今日の通勤路は丹精込めたバラがあちらこちらで見事に咲いて、実にあでやかな気分でした。

赤、黄、ピンク、大きさも色もそれぞれでしたが、垣根からこぼれんばかりに咲いていました。

小バラがアーチ型にびっしりと咲いている家にはどのようなご家族が住んでいらっしゃるのでしょう。

真っ赤な大きなバラのお宅はどなたが手入れなさっているのかしら?

どなたとも顔を合わせず、静かにバラの花をあちらこちらたっぷりと鑑賞させていただきました。

今年はバラ園まで出かけなくても、通勤の往復だけで充分だわ、としばし贅沢な気分に浸ったのでした。

昼食後のひと時、少し歩いてみませんか?

静かな住宅街が華やかな香りであふれているかもしれませんよ。気分転換には最高です。



at 10時05分

2012年05月21日

首が痛い人・・・この指と~まれ

おはようございます。

何かと話題の多い一週間が始まりました。

まずは、今朝の金環日食・・・ご覧になりましたか?

雲が厚く、心配されましたが、その瞬間は雲の切れ目からきれいに輪になった太陽を見ることができました。日食グラスで見た方、テレビで見た方、美しい太陽でしたね。

太陽が意外と小さいことに驚きませんでしたか?

月で隠れたにも関わらず、曇りながら空が明るいことからも、太陽の持つエネルギーの大きさに驚嘆しました。

太陽と月の位置が絶妙であったからこその、今朝の金環日食だったそうです。

日食メガネをかざしながら、必死で雲の隙間からの太陽を探したひと時は子供に戻ってわくわくしました。

誰もいない場所でひとりで見ていたのですが、きれいに輪が見えたときは思わず「わぉ!」と声をあげました。

子供たちと指導者の歓声もどこからか聞こえました。

多くの人が同時に空を見上げて天体ショーを楽しんだのですね。はっぴぃな朝でした。

「見ましたか?」を挨拶代わりに、今週も元気にスタートしましょう。


at 10時05分

2012年05月18日

こんなところに・・

ホーホケキョ

おはようございます。

今までチャンスがなく、通勤で使う道筋以外事務所界隈を知らずに今日まできてしまいました。

今日は良い天気。

銀行に行く用事ができました。

自転車で5分足らずですが、通勤路とは異なる道。

待ってました! 探検です。

なんとその5分の道筋に鎮守の森を見つけました
大木に囲まれて、古そうなお宮さんがあったのです。

空気がひんやりして、そこだけ違う風が吹いていました。

銀行からの帰路、また別の道に見つけたのは広い家庭菜園。

いろいろな野菜が植えられていました。

まだ実がなっていませんでしたが、そのうち茄子やキュウリ、トマトやインゲンなどの野菜がたくさんとれるのでしょう。

ネギは頭に丸い帽子を乗せて、重たそうでしたよ。

なんて素敵な環境に事務所は引っ越したんでしょう。

「ホーホケキョ」のお出迎え、宮崎作品に出てきそうな鎮守の森、筍が青年の竹になるまで見届けられる竹林、きっと見れるだろうかわいらしい生まれたての野菜たち。

短時間の探検は大発見の連続でした。

銀行に行くのが楽しみになりそうな予感がしています。

皆様も、通勤に普段とはちょっと違う道を通ってみませんか?

職場の周りにびっくりする新発見があるかもしれませんよ。


at 11時05分

2012年05月16日

都心のオアシス

先週末、皇居東御苑を散歩しました。

何の下調べもなくぶらりと立ち寄ったのです。

そこには広い空と芝生、輝くばかりの新緑に囲まれた素晴らしい光景が広がっていました。

大手門から入るとすぐです。

東京駅から徒歩10分足らずのところにこんな素敵な空間があることを私は今まで知りませんでした。

もみじの新緑の葉っぱは何てきれいなんでしょう。

青空に伸びる欅からの木漏れ日は何て気持ち良いのでしょう。

豊かな光と風を感じて思いきり深呼吸をしました。

土曜日の午後のひと時は、あっという間に閉園の時間になってしまい、御苑の全貌を知ることはできませんでしたが、思いがけず出会えた都会のオアシスに感動しました。

たっぷりの時間をとって、是非また訪れたい場所です。

あなたも、新緑のさわやかな風に吹かれに行ってみませんか。

東京駅方面にお出かけの際は足をのばしてみてください。

入場は無料、閉園の日もあるようなので、ちょっと調べてから行かれるといいと思います。

お疲れのあなたに、素敵な散歩コースを提案してみました。






at 10時05分

2012年05月14日

母の日

お母さんありがとう

今年も言えて幸せです。

ずいぶん心配かけました。

年齢と同じで、いつまでたってもあなたには追いつけません。

お母さんありがとう

離れて住む息子たちからも声のたよりがありました。

母への気遣いと、良いことばかりの近況報告、
身長と同じ、いつの間にか母を超えていきました。

あなたたちが私を「お母さん」にしてくれました。

ありがとう

「ありがとう」の一言が一面飛び交って、昨日の空は優しい色でした。

その優しさをエネルギーに替えて、今週も元気にスタートしましょう。

at 10時05分

2012年05月11日

筍、その後

事務所に来る途中に竹が群生しているところがあります。

今の時期、面白い光景が見られるのです。

筍を放置しておくとどうなるか、ご存じですか?

そのまま、4~5メートルにも、伸びていくのです。

固い茶色の皮のまま、伸びて伸びて・・・・そして、一定のところまで行くと、今度は目にも鮮やかな緑色が現れるのです。

ほーっ!と感心して、しばし見とれました。

筍ではなく、竹の子、といったほうが、わかりやすいかもしれません。

知らなかったことを新発見する、って、うれしいものです。

都会育ちの恥かしさ・・・でしょうか、でも、竹林をじっくり眺めて、笑顔になった朝でした。


at 10時05分

2012年05月08日

さらさらと・・・

山口県の温泉町で見つけました

 竹の葉の すなほに そよぐ こころを見つめる

山頭火の句でした。

若竹がさらさらと気持ちよさそうに風にそよぐ様子が目に浮かんでくるような気がしませんか?

上へ上へとまっすぐに迷いなく伸びていく竹は私の憧れ。

強く、しなやかに生きたいと思うのです。

この句を読んでいたら、鎌倉の報国寺を訪ねたくなりました。

at 11時05分

アーカイブ

RSS

カレンダー

前の月 2018年9月 次の月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Copyright (c) 2009 アーク介護タクシー All Rights Reserved.